保育園の求人の探し方

保育園への就職活動は、「公立」と「私立」のどちらを希望するかによって、求人情報の探し方も異なります。それぞれの志望先選びのチェックポイントも含めて、確認しましょう。

公立保育園の求人の探し方

公立保育園の保育士は、市区町村などの自治体が独自の募集を行います。

 

募集情報は、市報や区報などの広報誌や自治体のホームページなどに掲載されるので、こうした媒体を見て、自分で情報を集めることが必要です。

 

多くは6月から9月にかけて公告されますが、毎年募集があるとは限らず、また上記以外の時期に求人が出ることもあります。

 

興味のある自治体には、募集の有無や時期を役所に確認しておくとよいでしょう。

 

 

 

選考実施日が重ならなければ複数の自治体を受験することも可能です。

 

応募先を絞り込む際は、通勤の負担や募集人数、応募資格などを確認して総合的に判断しましょう。

 

 

 

公立は基本的には自ら情報収集するということが基本ですが、保育士専門の求人サイトに登録することで、専門のコンサルタント経由で色々と情報を集めることも可能です。

 

そのため、専門のコンサルタントを配置している保育士求人サイトに登録することが、まずはスタートになるかと思います。

 

保育士求人サイトの選び方こちらをご覧ください。

私立保育園の求人の探し方

保育士養成学校を卒業する方は、学校の就職課などの就職支援窓口に各保育園から募集情報が送られてくるので、興味のある保育園を選んで応募するのが一般的です。

 

実習先の保育園で園長から声がかかり、採用が決まるというケースもあります。

 

 

 

一方、独学で保育士資格を取得した人は、就職活動も独自に行う必要があります。

 

求人の紹介は各都道府県の社会福祉協議会が運営する無料職業紹介所「福祉人材センター」や構成同労相が所管する「ハローワーク」などで受けることができます。

 

 

 

ただし、最近は一般の求人サイトや保育士専門の求人サイトから希望の保育園を探す人の方が多くなってきています。

 

私立の保育園は給与などの待遇や保育方針、保育園のカラーなどが、それぞれ異なります。

 

何を重視して保育園を選ぶのか、自分なりの基準を持ち、情報収集することが大切です。

 

 

 

専門のコンサルタントを配置している保育士求人サイトに登録することにより、コンサルタントより、保育園ごとの特色は詳細に情報を集めることが可能です。

 

自分なりの基準を持つというのもなかなか難しいという場合もありますので、幅広く情報収集を行うということであれば、保育士求人サイトに登録するのが近道です。

 

公立、私立問わず幅広に情報収集するということであれば、保育士求人サイトに登録しましょう。

 

ただし、選び方には注意が必要ですので、保育士求人サイトの選び方こちらをご覧ください。