保育士の仕事内容とは

保護者の代わりに子どもの発育を助けるのが保育士の仕事です。

 

預かる子どもの年齢は幅広いため、年齢別に保育を行っています。

保育士の仕事内容とは 記事一覧

保護者の代わりに生活習慣を教えられるのが保育士の仕事です。食事から排泄、集団行動においてルールを守ることなどを教えますが、年齢に応じて適した指導を行うことが求められるため、年齢別に保育する保育園がほとんどとなっています。保育園は小学校に入る前の大切な準備段階です。集団の中でどう行動するべきかを考えさせ、社会性を身につけさせるだけでなく、歌や踊り、絵などを教えることも保育園の役割です。最近では、小学...