保育士とは

保育士とは、「児童福祉法に基づく国家資格である保育士資格を保有し、登録事務処理センターを通じて各都道府県知事への登録が完了し、知事から保育士証の交付を受けた人」となります。

 

いわゆる、乳児から小学校就学(0歳~6歳)までの幼児を保育するために必要な保育士資格を持った人のことです。

 

 

 

保育士資格は一度取得すれば、講習を受けるなどの更新などの必要はありません。

 

生涯『保育士』として資格を持つことができ、子育て等の理由で保育の現場から退職しても、その経験が再就職には有利に働くことも多いため、女性にとっては魅力的な資格です。

 

また、自分の将来の子育てにも十分に活かすことが可能です。

 

 

 

もともとは『保母』と呼ばれた資格であり、女性の仕事として親しまれていた職業です。

 

「保母」という資格名称だったことから、「保母さん」といった呼び名が一般的でした。

 

1985年の男女雇用機会均等法の制定以降、徐々に男性も保母資格を取得する方が増えていきました。

 

しかし、正式な資格名称は「保母」であり、公式文書の職業欄には「保母」と記入しなければならず、男性の有資格者には不満だったことから、1999年に男女雇用機会均等法と児童福祉法が改正され、「保育士」という資格名称に変更されています。

 

ちなみに、男性が保母資格の取得が認められたのは、1977年以降であり、それ以前は男性は資格を取得することすらできませんでした。

 

 

 

『保育士』は一般的に、幼児に関わる認可保育所及び認可外保育施設(いわゆる保育園)の仕事だけに必要な資格と思われがちですが、その他にも、乳児院や児童養護施設、児童館、学童保育をはじめとした児童福祉施設等でも保育士を一定数以上配置することが義務付けられているため、保育園以外の職場でも保育士の方が活躍しています。

 

関連ページ

保育士になるには