保育士になるには

保育士として働くためには、求められる「役割」と「資質」を知ることが大切です。

 

それらを理解した上で、本当にチャレンジしたいのかを考えましょう。

 

保育士になるには 記事一覧

保育士とは、「児童福祉法に基づく国家資格である保育士資格を保有し、登録事務処理センターを通じて各都道府県知事への登録が完了し、知事から保育士証の交付を受けた人」となります。いわゆる、乳児から小学校就学(0歳~6歳)までの幼児を保育するために必要な保育士資格を持った人のことです。保育士資格は一度取得すれば、講習を受けるなどの更新などの必要はありません。生涯『保育士』として資格を持つことができ、子育て...

保育士資格の取得方法としては、国家試験を受験する方法と厚生労働省の指定する養成学校を卒業する2通りの方法があります。保育士資格試験に合格する保育士資格が取れる厚生労働所の指定する養成学校を卒業する保育士資格試験に合格する受験資格が満たしていれば、性別や年齢を問わず誰でも受験することができます。主な受験資格は次の通りになります。4年制大学を卒業したことがある方4年制大学に2年以上在学して、62単位以...