認可保育園

認可保育園とは、国や自治体(市区町村)が定めた「施設の広さ(子ども一人に対して3.3㎡)、保育士などの職員数、保育内容、設備」などの一定の基準を満たし、国や自治体の認可を受けている保育園のことです。

 

国や自治体から運営費が大幅に補助されているため、保育料は比較的安価となりますが、親の所得や子どもの年齢によって保育料が変動します。

 

幼稚園教育要領と同様の保育所保育指針に基づいた保育が行われています。

 

 

 

大別すると、市区町村が運営している公立保育園と社会福祉法人などが運営している民間保育園があり、いずれも公的補助により運営されています。

 

公立保育園

 

公立保育園はいわゆる一般的な保育園で、入園を希望する人が多いため競争率が高く、「保育に欠ける理由」が明確になければ、入園することが難しいケースがあります。

 

市区町立のため、職員は公務員。市区町村内で人事異動があるので、園による違いが少ないです。

 

労働条件がよくベテランの保育士が多いのも特徴の一つ。最近、公設公営だった園が公設民営になるケースが増えています。

 

私立保育園

 

設備・人手などハード面の基準、保育料は公立と同じだが、保育内容は園長先生のカラーで個性があり、園ごとによる差が大きいです。

 

延長保育、産休明け保育の実施率が高く、日常的にもいろんな面で融通が利きやすい園が多いのも特徴です。

 

認可外保育園

一般的に、認可保育園以外の保育施設を総称して認可外(無認可)保育園と言います。

 

保育ママに近い託児もあれば、かなりの補助金を受ける準認可園的施設もあります。ベビーホテルのチェーン店もここに含まれます。

 

 

 

国や自治体の基準を満たしていないため、園庭がなかったり、設備が不十分な施設も多いが、小規模の利点を生かして家庭的な保育を行って評判の高い施設もあり、融通がききやすいなどのメリットもあります。

 

施設の名称だけでは、認可・認可外、補助金の有無などの種別はわかりにくいです。

 

 

 

また、認可保育園に入園するには、「保育に欠ける」と判断されなければならないので、入園できず困っている保護者も多いですが、その場合でも認可外保育園には入園できますので、非常に重要な役割を担っているとも言えます。

 

 

自治体の助成施設

 

東京都の認証保育所や保育室などのように、自治体が補助金を出している施設です。

 

認証保育所とは、待機児童の問題が解消されない中、東京都では認可保育園で設けられている基準よりも少し緩和した保育園を補助、運営することによって、東京都の待機児童解消を目指しています。

 

自治体によって、小規模保育施設、横浜保育室などの名称はさまざまで、施設や人員について基準があります。

 

小規模・少人数で低年齢児を預かるところが多いですが、ビルの中の保育で、園庭がないところも多いので、散歩など、施設面を補う保育をしているかどうかが、チェックポイントになります。

 

 

事業所内保育所(企業内・院内)

 

事業所内保育所とは、企業内または事業所の近くに設置された育児中の従業員向けの託児施設のことです。

 

企業内保育所もあるが、院内保育所の方が数は多いようです。

 

 

 

企業が専用の保育園を用意することで、産後の女性も比較的早く職場に復帰でき、子どもが比較的小さなうちから育児と仕事の両立を図ることができます。

 

実際、女性が活躍する会社の大半が事業所内保育所の開設に向けた検討を実施しているとも言われています。

 

 

 

施設の準備や運営にはコストがかかりますが、この施設により働けるようになる女性のもたらす収益、従業員満足度の向上及び新規採用時に求職者に与えるインパクトなどのメリットを考えれば、十分費用対効果に見合うと言われています。

 

ただし、都市部では子連れ通勤がネックとなります。子どもに何かあったときに、すぐに駆けつけられること、職場の勤務時間や勤務日に合わせた保育をしてくれるのが大きなメリットです。

 

 

ベビーホテルなど

 

ベビーホテルとは、補助金を受けていない託児施設であり、かつ、24時間体制で保育が可能な託児施設の総称です。

 

19時以降の保育を行っていて、子どもの宿泊を伴う保育や時間単位の預かりを依頼できるサービスを実施しているのが特徴です。

 

 

 

個人運営、企業運営などがあって、質も料金もさまざまです。

 

運営費は利用者の払う保育料のみに頼っており、役所の干渉も少なく、子どもの心身の発育に望ましくない施設もあるのが現実のため、事前に出来る限り十分な見学をしておくのがよいでしょう。

 

幼稚園

幼稚園は、本来、3歳以上児を対象に日中4時間程度の保育を行ってきましたが、働きながら幼稚園に通わせたい、保育園以外にも預けられるところを探しているという保護者の要望を踏まえ、私立を中心に世紀の教育時間終了後も引き続き在園児を夕方まで預かる幼稚園が増えてきています。

 

 

幼稚園の預かり保育

 

保育園同様に、午前7時~午後7時ごろまでの長時間の預かりや夏休み等の長期休業期間中も実施している幼稚園もあります。

 

一方、預かり保育を行う曜日を限定していたり、夏休みなど長期休暇中はお休みだったり、時間も午後5時までというところもあります。

 

幼保型

平成18年から設けられた「認定こども園」は、幼保一体化をめざした制度。実際には、幼稚園、保育園、認可外助成施設の制度の乗り合いになっています。

 

 

認定こども園

 

認定子ども園とは、小学校就学前の子どもに対する保育、教育を行い、また保護者に対して子育て支援などを行う総合的な施設で、親の仕事の有無にかかわらず利用できるのが特徴です。

 

法律上は、保育および教育、地域における子育て支援を実施している保育施設を、都道府県知事が条例に基づき「認定こども園」に認定し、財政措置や利用手続きなど特例措置が講じられています。

 

認定子ども園には、以下のような4つのタイプに分類されます。

 

  1. 幼保連携型…幼稚園・保育所と連携し一体的な運営を行なう施設
  2.  

  3. 幼稚園型…認可幼稚園として、保育所的な機能を備えている施設
  4.  

  5. 保育所型…認可保育所として、幼稚園的な機能を備えている施設
  6.  

  7. 地方裁量型…認可施設のない地域における、認定こども園としての機能を備えている施設

 

認定こども園では、4歳児になると、担任による4時間ほどの教育を受けられる幼稚園的な機能(幼児教育)や、保育時間の選択(おおむね4時間〜8時間程度)が行なえる保育所的機能を備えています。

 

この他、認定こども園では、子育ての相談、親子での登園といった、地域の子育て支援なども行なわれています。